ベイスターズファンの子供 | 怖っ!怖っ?怖い話 | 怖っ!怖っ?怖い話
TOP >  子供に纏わる怖い話 > ベイスターズファンの子供

ベイスターズファンの子供

3月、姉の引っ越しの手伝いで関東地方へ。

引っ越しはスムーズに進んであっさりと仕事終了。

やることねーなー暇だなーとなったので、プロ野球のオープン戦でも見ようかと計画。

調べたところ、西武ドームで埼玉西武ライオンズVS横浜DeNAベイスターズの試合があるとのこと。

次の日に、これを見に行くことにした。

当日、西武ドームに余裕で入ることができたので、屋台で食べる物買ってのんびりと食べながら選手の練習を観察。

観客も増えてきたことを実感。

ちなみにプロ野球の試合を見に来る人は、だいたいがチームのファンか家に近いから見に来るか。

俺みたいにどちらのファンでもない人間が、ぼっち観戦というのはまあまあ珍しいこと。(俺は中日ファン)

この日は埼玉西武ライオンズのホームグランドのため、多くがライオンズのファン。

その中にチラホラとベイスターズファンも。

西武の活気すごいなーと、ドームをキョロキョロしていたら突然後ろから声を掛けられた。

「お兄さん、どっち応援するの?」

振り向くと、そこにはベイスターズのユニフォームを着た子供が立っていた。

俺は

「中日ファンだから別にどっちも応援しないよー」

と言ってからまた前を向いた。

だが、この子供は結構しつこかった。

あー、中日かー、監督が不安だよねー。今年は上手くいけばうちが中日越せるかもー。ブランコもいるし、番長とか藤井がきちんと投げてくれればなぁ…(略

うるせぇ。

しばくぞくそガキ。

そんな感じで少しイライラしてきた反面、こいつ野球詳しいなと感心もした。

内容は忘れたけど、こんな感じで野球の知識を俺の耳元でペラペラ話す子供。

野球好きすぎだろ、てかベイスターズ好きすぎだろ。

ベイスターズはここ数年、リーグでも最下位ばっかだし、よく応援してられるなー。

そう思った瞬間

「早く優勝してくんねーかなぁ」

急に子供の声がおっさんのようなドスの効いた低い声になり、耳元に響いた。

え!?

驚いて振り向いたら子供はもういなかった。

その時は、じわ怖くらいのもんだったんだけど後で気付いた。

その子供、着てるユニフォームが15年くらい前のベイスターズが優勝した時のものだったんだよね。

【お持ち帰り】

© 2022 怖っ!怖っ?怖い話