花束 | 怖っ!怖っ?怖い話 | 怖っ!怖っ?怖い話
TOP >  自宅での怖い話 > 花束

花束

昔、好きだった子の玄関に、花(ご近所のガーデニングが素晴らしい何某さん宅から失敬)を置いてた。

従兄の新聞配達の手伝いしてたから、まだ薄暗い早朝にな。

で、最近その彼女に会う機会があって

「こんなことしてたんだよな~、どう思ってた?w」

って話をしたんだが、彼女真っ青になって俺の胸倉掴んで揺さぶってきたわ。

「アレ、あなたがやらせてるの!?今すぐ止めさせて!!」

って絶叫。

なんとか落ち着かせて、詳しく話を聞いてみると、まだ続いてるらしい。

ま、最初は彼女宅も『お前に想いを寄せてる誰某の仕業かもな~』と笑い話だったんだが、俺がやってたのは精々2、3日に1回くらいだったんだが、いつからか毎日、雨の日も台風の日も阪神大震災の日もプレゼント包装された花束が置かれるようになった。

『やめてくれ』と張り紙しても効果なし。

監視カメラ置いても映らず、警察が見回りしても、いつの間にか突如として現われましたという風に置かれてるらしい。

もう家族全員ノイローゼになってるらしく、当然俺は激しく責め立てられた。

菓子折り持って土下座しに行ったよ。

で、泊まり込んで見させてもらうことにしたんだよ。

来たよ。

弟くんが、

「また置かれてた!」

って俺に花束突きつけてきた。

ん?

弟くんよ。

玄関のドア開けずに、どうやってソレ持ってきたの?

・・・あー怖ぇ。

実弟がストーカーとは。

目の前で一つの家庭が崩壊する様をマザマザと見せつけられた。

弟くんをボコボコに殴りつける親父さん。

意味不なことを叫ぶお袋さん。

泣いて崩れ落ちる彼女。

ヘラヘラ笑ってる弟くん(ただし、俺にだけは睨みつけて舌打ち)

結局、弟くんのそれが歪んだ愛情からなのか、嫌がらせなのか、不明なまま、この一家との繋がりは無くなった。

そして便りもなく引っ越してった。

© 2022 怖っ!怖っ?怖い話