路地 | 怖っ!怖っ?怖い話 | 怖っ!怖っ?怖い話

路地

路地

中学生だったときの話。

夜の8時ぐらいに塾からの帰り道を歩いてたんだけど、なんか様子がおかしい。

見知った住宅街なんだけど、見覚えのない路地があるんだよ。

知らない家と家の隙間で、幅は1mぐらい。

昨日までは、ただのブロック塀で壁になってたはず。

まあ近所だし、迷うこともないだろと思った俺は、好奇心にかられてその狭い路地に入ってみたんだよ。

で、10歩ぐらい進んでから気づいたんだけど、やっぱり何かがおかしい。

夏のゴミ捨て場のような異臭が漂ってくる。

それで、前の方からは

「・・・・・ァ・・・・・・ケ・・・・・・」

と、人の声のようなものが微かに聞こえてきた。

明かりもなくて真っ暗だし、しだいに怖くなってきたんだけど、まだ好奇心が勝っててそのままゆっくり歩き続けた。

それからまた20歩ほど進んだあたりで、俺はあることに気づいた。

というのも、それだけ歩いたら家を挟んで向こう側の道に出るはずなんだよな。

でも左右のブロック塀は途切れることなく続いている。

前方に目を凝らしてみても、出口のようなものは見えない。

さすがにこれは何かヤバイと思って、引き返そうと思って後ろに振り返った。

そしたら、5歩ぐらい離れたところに人影があったんだよ。

2mぐらいのでかい男。

薄汚いコートを着てて、頭にはフードを被ってるから鼻より上が見えない。

手にはナタみたいなのを持ってる。

そいつが棒立ちで俺を見てた。

俺はあまりの恐怖に動けず、唖然としたまま突っ立ってた。

さっきから漂ってた悪臭もそいつが発生源みたいで、鼻が歪みそうだった。

で、ふと見るとそいつ口動かしてんのね。

ボソボソと何か喋ってる。

「・・・・・ァ・・・・・・ケ・・・・・・」

内容が聞き取れないので、耳を凝らしてみると、

「・・アァァ・マ・・クケェアエ・・・・・・」

「マ・・ァア・・アファフヘケラエェヘ・・」

意味不明の言葉を喋ってた。

それも、外国語って感じじゃなくて、ランダムに並べたカタカナを読み上げてる様な感じ。

もう余りにも怖くて、俺は泣き叫びながら全力で走って逃げた。

そしたらそいつ俺を追ってくんの。

右手のナタを頭上に掲げながら走ってくる。

「アァアェ!ケヘフラフェアウェ!クヘフェアァエア!」

ボソボソ声はいつの間にか金切り声に変わってた。

追いつかれたら殺される!って思いながら、涙と鼻水と涎で顔ぐちゃぐちゃにしながら無我夢中で走ったよ。

何とか追いつかれずに、100mは走ったかな。

前の方に路地の出口らしき隙間が見えた。

路地が100mも続いてるとか今思うとありえないんだけど、そんなことは気にせず、とにかく俺は出口に向かって走った。

必死の思いで出口に辿りつくと、そこは知ってる道だった。

たしかに、路地の入口から100~150mぐらい先の住宅街。

位置のつじつまだけは合ってる。

振り返ってみると、路地の先は真っ暗。

そいつもいなくなっていた。

呆然としながらも、周囲を警戒しながら家に帰った。

家に着いた俺は汗だくで、顔もぐちゃぐちゃだった。

母親が何事かと問いただしてきたので、起こったことをありのままに話したよ。

まあ当然信じてもらえなかったし、この辺りに2mの大男なんて住んでないとか言ってた。

それ以来、そのでかい男は見かけてない。

その路地があった道は絶対に通らないようにしている。

ちなみに、この体験がトラウマになって、俺は身長の高い男がものすごく苦手になった。

怖いサイト.com

© 2022 怖っ!怖っ?怖い話