車の下の何か | 怖っ!怖っ?怖い話 | 怖っ!怖っ?怖い話
TOP >  田舎の怖い話 > 車の下の何か

車の下の何か

7~8年前、茨城の下妻に出張した時のこと。

宿泊したのは、下妻の繁華街(?)から車で少し行ったとこ。

地ビールと温泉があって、出来たばかりなのか新しくてきれいだった。

温泉に入り、地ビールでご機嫌になった俺は、ロビーのテレビで野球中継を見てた。

俺の他にもロビーには4、5人いて、それぞれ思い思いのことをしてた。

突然『ギャーッ!』というような、女性の叫び声が聞こえた。

テレビからじゃない。

何だ?と思って辺りを見回すが、特に何もない。

でも、何かおかしい。

あんなでかい声なのに、誰も聞こえてないみたいだ。

不思議に思って、もう一度周りを見る。

すると、一人の女性と目が合った。

『あなたも聞こえたの?』ってな感じでこっちを見てる。

黙って頷くと、その人はこっちに寄って来て小声で話し掛けてくる。

『何なんですか?他の人には聞こえてないみたいだし…』

いや、そんなこと俺にも分からんし…、と思っていると

『あっちの方からでしたね…』

と、外の駐車場の方を指差した。

確かに、叫び声は駐車場の方からだったけど、そのホテルの駐車場はかなりの広さ。

しかも明かりはあるけど、それでもかなり暗い。

ロビーから覗き込んでると

『行って…みます?』

とか、ありえないことを言い出す。

残念なことに、男らしく「無理!」と断言するには、その女性は若くて可愛いかった…

ちょっと下心を持ちつつ、一緒に外へ出る。

駐車場は、ホテルの出入り口を出て、車が対面通行出来るくらい広い道を挟んで向こう側。

おっかなびっくり道を渡り駐車場へ。

その時、女性が駐車場の奥を指差し

『あそこ!』

とか言ってる。

指差してる方を見る。

RV車が止まってた。

「車だよ?」

『…その下の。…何?』

よく見ると、その車の下に何かある。

というより、何か…いる!

人が地面に寝転がって、もがいてるみたい。

さっきの叫び声は、こいつが誰かに襲われて出したのか?

怪我でもしてるのかと思い、急いで近づく。

少し行ったところで

『ちょっと待って』

と女性から。

?と思い、振り返ると女性が震えてるみたい。

『何?あれ何?』

俺は視力が良くないのではっきりは見えないが、人がうつ伏せになってるように見えた。

急がなきゃ、と小走りで駆け寄る。

が4、5歩進んで止まる。

這いずりながら、それは近づいて来ていた。

見た目は人だが、動きが人っぽくない。

「何か…ヤバいぞ…」

そいつは、ゆっくり顔を上げようとした。

直感的に、目があったらヤバい!と思い、ダッシュでホテルへ。

途中、固まってた女性の手を取って、半ば引きずるように中へ。

ホテルの中は、さっきと変わってなかった。

強いて言えば、ゼイゼイ言いながらホテルに飛び込んで来た二人組に奇異の目が向けられたくらい。

「ついてきてるかな?」

『わからない…』

恐る恐る後ろを振り返って、自動ドアのガラスの方を見ると、取りあえずは何も見えない。

ホッとして、二人とも地ベタに座り込む。

その日は、お互いにそのまま各自の部屋へグッタリして戻った。

ただ、とてもじゃないけど怖くて寝れないので、翌朝まで明かりを点け、テレビを見て過ごす。

翌朝8時頃、チェックアウトの為フロントへ行くと、ホテルの従業員らしき人が首を捻りながら自動ドアを拭いている。

どうしたのか聞いてみると、ドアガラスの外側に手の跡がついていて、いくら拭いても落ちないらしい。

見てみるとガラスの真ん中やや下あたりに、ベタベタといくつか手の跡が。

昨晩のことを思い出してうすら寒くなり、速攻でチェックアウトしてホテルを後にした。

後で気付いたんだが、あの女性の連絡先を聞きそびれてた。

もったいないことをしたな…

【愛テク】

© 2022 怖っ!怖っ?怖い話