深夜の帰り道 | 怖っ!怖っ?怖い話 | 怖っ!怖っ?怖い話
TOP >  子供に纏わる怖い話 > 深夜の帰り道

深夜の帰り道

深夜、仕事から家に帰ってたら変な人がいた。

髪がまるで貞子みたいに長く前髪が顔を隠していて、格好も貞子みたいな白いだぼだぼの服。

そんな人が電柱に寄り掛かり、辺りを見回している。

俺は見た瞬間、回れ右して立ち去ろうとしたら、その女、異常に速い歩きで俺に近づき、

「私の子供知らない私の子供知らないねえ知らない?」

と言ってきた。

俺はめちゃくちゃビビり、

「知らない知らない警察に言え」

と喚いても女は

「子供知らない?」

の一点張り

俺はもう適当に

「あっちの一キロ先の公園にいる!」

と叫んだら女は

「本当に本当に」

と言いながら公園に向かった。

俺はその後すぐその場を離れたが、何か女に悪い事したかなと思いながら歩いてたら、パトカーに遭遇。

手をあげ声あげたりしてパトカーを止めさせ、降りた警官に先程の事を話し、精神が壊れた女を保護してやって下さいと頼んだ。

警官は俺の話を聞いた後、凄く真剣な顔で俺に

「忘れろ。それに関わるな。明日からは今から言う道で帰れ」

と言って地図を書いて俺に渡した。

なにこの展開と思ってたら、もう一人の警官が青ざめた顔で俺に

「二度と夜は今日通った道で帰るな」

と厳命した。

俺はその日以来、警官に教えられた道しか帰らないようにしている。

【体験談】

© 2022 怖っ!怖っ?怖い話